女性

自律神経を整える

診察

注意点

自律神経失調症は、決して特別なものではありません。現代人においては、誰もがなる可能性があるものです。そもそも、自律神経失調症とはどういったものなのでしょうか。簡単に言えば、自律神経の乱れです。主に仕事やスポーツといった、活動する時に使われる交感神経。また、主に休息時に使われる副交感神経。この2つの神経のバランスが崩れる事によって、症状が現れます。生活習慣が乱れがちな現代において、これは珍しい症状ではありません。誰もがなる可能性のあるものです。言い換えれば、現代特有の、現代病ともいえるかと思います。程度の差こそあるかもしれませんが、かなり多くの方が、治療は必要ないまでも、自律神経失調症になりかかっているといえるかもしれません。

病院に行く、その前に

自律神経失調症の治療の前に、まずは、ご自身の生活を見直す必要があると思います。前述したように、交感神経と副交感神経のバランスの乱れが、原因となっている訳ですが、特に、副交感神経に注目する必要があります。なぜなら、現代人は、なかなかうまく休めていないからです。具体的には、睡眠と食生活に焦点を当てると良いと思います。しっかりとした睡眠時間が確保されているか、決まった時間に寝られているか。食事に関しては、三食決まった時間にとれているか、です。まずは、この二つにしぼってみて下さい。その後、病院での治療を考えてみてはいかがでしょうか。ただし、中には症状の重い方もいらっしゃっるようです。日常生活に支障があるようでしたら、早めに専門医のところへ行って治療を受けて下さい。