女性

食欲不振や不眠の原因は

漢方

自律神経が乱れる病気

自律神経失調症とは自律神経のバランスが崩れ、心身が不調をきたす病気です。自律神経とは、筋肉を動かす運動神経のように意思によって操作される神経と違い、心臓や胃腸、発汗など意思とは関係なく自動的に働く神経のことを言います。自律神経には、活動しているときに働く交感神経と休んでいるときに働く副交感神経とがあり、このバランスが乱れることにより自律神経失調症が発症します。自律神経失調症は、体に症状が出る場合と精神に症状が出る場合とがありますが、性格や体質により現れる症状は様々です。体に出る症状としては、頭痛、耳鳴り、味覚異常、目の乾き、息苦しさ、便秘、手足のしびれなどがあり、精神症状には、イライラする、落ち込む、不安になるなどが挙げられます。また、食欲不振や不眠、倦怠感などの症状もあります。

気のめぐりを良くする

自律神経失調症の治療法は、整体や鍼灸など体に働きかける方法、カウンセリングや催眠療法など心に働きかける方法、音楽療法やアロマテラピーなど感覚に働きかける方法などがありますが、漢方薬を用いた治療法も有効です。自律神経失調症は正式な病名ではなく、心身が何となくだるくなるという症状なので、体の気のめぐりを良くする漢方を用いるのが適しているのです。自律神経失調症の治療に漢方薬を用いる場合には、症状や体質に応じて適切な漢方薬を選択する必要があります。例えば、冷え性に効く、神経の高ぶりを鎮める、不眠症に効果がある、心身の疲労を軽減するなど、それぞれの漢方薬が発揮する効果は様々です。漢方薬はドラッグストアや一般の薬局でも購入できますが、体質や症状に合わせて漢方薬を選択、調合してくれる漢方専門の薬局で購入するのがお勧めです。